大学特有の事情に寄り添う

TA/SA/RA/LA
勤怠管理システム

Kinmuu(キンムー)は、入り組んだ承認監督者での雇用、勤務をシンプルかつ効率的に管理できるクラウド型(SaaS)勤怠管理システムです。TA(ティーチング・アシスタント)はもちろん、SAやRA、LAなどの学生アルバイトにも活用いただけます。

膨大な事務処理から
解放されます。

事務処理からの解放

TA(ティーチング・アシスタント)を筆頭にした学生アルバイトの勤怠管理は、どうしても担当課の人力作業に依存しがちです。複雑な承認ラインのせいで紙やエクセルベースでないと処理が回らないという事情があることも多く、要件を満たす勤怠管理システムが無いままに担当課の人力で戦ってきたところも多いのではないでしょうか。

Kinmuuはそういった方のためのサービスです。TAやSA(スチューデント・アシスタント)、LA(ラーニング・アシスタント)、RA(リサーチ・アシスタント)といった学生アルバイトの勤怠・勤務管理に特化した専用サービスで、膨大な事務処理との戦いに、終わりを告げてください。

こんな課題が
解決できます。

一人の学生の勤怠を、雇用別に登録、承認、集計したい

Kinmuuなら、一人の学生アルバイトに対して複数の雇用関係を設定することができます。勤務登録画面で雇用を選択することで、Aという仕事のものは教員Aへ、Bという仕事のものはB課へ承認を流すことができます。また、出力される勤怠集計データも、雇用ごとにまとめられるため、給与計算の際に余計な加工をする必要がありません。

課題1
課題2

教職員個人や部課単位で承認したい

Kinmuuなら、登録された勤務内容の承認を、特定の教職員個人を指定することもできますし、部課を指定することで、その部課に属する教職員であれば誰でも承認できるようにすることも可能です。また、役職名をセットで指定することで、特定部課の課長や事務長を指定して承認ラインを構築することも可能です。

複雑な階層の承認ラインを再現したい

Kinmuuなら、承認者の階層は雇用ごとに個別かつ任意に設定できます。例えば担当教員一人が承認すれば完了にすることもできますし、担当教員の承認後に取りまとめの部課にまわし、さらに最終的に学生課の事務長にまわす、といったような複雑な承認ラインも構築することができます。もちろん、承認自体を不要にする設定も可能です。

課題3
課題4

キャンパス間の移動を把握したい

Kinmuuなら、雇用ごとに移動登録の可否を設定することができます。移動登録が許可された学生アルバイトは、あらかじめ設定された経路を選択し、どのような移動を行なったかを申告できます。登録された移動内容は経路ごとに集計されますので、あらかじめ定められた交通費額や支給額とかけあわせることで交通費計算が可能になります。

雇用管理をまとめたい/委ねたい

Kinmuuなら、人事担当部課がまとめて雇用を登録管理することも、各教員や各雇用部課に雇用の登録管理を委ねることも、どちらの方式も可能です。学内で誰が雇用の情報を持っているのかにあわせて、既存の運用を大きく変えることなく導入することができます。

課題5

学内に導入しやすい、
便利な機能もご用意しました。

Kinmuuでは、勤怠管理システムに求められる基本的な勤務登録、勤怠集計の機能に加えて、大学内での利用に便利な機能を標準装備しています。クラウド型のSaaSサービスでありながら、まるで以前から使っていたシステムかのようにスムーズに導入、活用いただけます。

SSO(シングルサインオン)

SSO(シングルサインオン)

学内でお使いの共通認証基盤と連携する機能をご用意しています。広く使われているSAML形式に対応しており、利用者に新しいユーザー登録やパスワード管理の負担を増やす必要がありません。

メールアドレスログイン

メールアドレスログイン

タイミング、または立場上、共通認証基盤でのSSOが行えない方用に、メールアドレスでログインできる機能もご用意しています。登録されたメールアドレスと合致すると、ログイン用のURLが発行されます。

一括インポート

一括インポート

ユーザーや部課、雇用の情報を、CSVファイルを準備いただくことで一括でインポートできるようになっています。CSVファイルの指定書式はシンプルですので、学内の関連システムから出力する手順を整えていただければ、データ連携の手間を軽減できます。

変更履歴記録

変更履歴記録

システム内で行われた、データの変更履歴を記録しています。誰がいつどのデータを変更したかの履歴が記録されるため、監査的な用途でもご活用いただけます。

勤怠設定

勤怠設定

集計した数字を何分単位で切り上げる/切り下げるのか、また、任意設定項目として1日の上限時間や勤務開始、勤務終了時間などを設定することができます。就業規則や給与規定にあわせた運用が可能です。

スマホ対応

スマホ対応

学生が入力する画面は、スマートフォンでの表示にも対応しているため、どこでも勤務登録が可能です。入力漏れや修正漏れがあった際にも、督促から修正までがスムーズに行いやすくなるメリットがあります。

納得感ある料金モデルを
ご用意しました。

例えばTAであれば、授業の設定されていない長期休みの間は稼働しないことが多いと思います。学生アルバイト特有の働き方にあわせて、コストパフォーマンスに優れた料金モデルを作り上げました。使った時に、使った分だけ費用がかかるので、年間費用を低く抑えることができます。

もちろん、クラウド型のSaaSサービスですので、初期費用はかからず、月額料金だけで利用が可能です。

納得の料金モデル

料金モデル
金額はすべて税別

初期費用

0

基本料金月額

1万円

従量料金月額

200
x 実働ユーザー数(※)
※実働ユーザー数とは

実働ユーザー数は、勤務登録を行なったユーザー数をカウントした数字です。対象日に関係なく、勤務登録という操作を対象月中に行った方の数です。

例:
4月に150人のTAが勤務登録を行なった → 実働ユーザー数は150人
8月に3人のTAが勤務登録を行なった → 実働ユーザー数は3人

年間費用例
金額はすべて税別

Case1.

同時稼働数が100人。年間4ヶ月は実働無しの場合

稼働月月額 30,000円
基本料金10,000円
+ 従量料金200円 x 100
非稼働月月額 10,000円
基本料金10,000円
+ 従量料金200円 x 0
年間費用目安 280,000円
稼働月30,000円 x 8
+ 非稼働月10,000円 x 4

Case2.

同時稼働数が200人。年間2ヶ月は半分、もう2ヶ月は実働無しの場合

稼働月月額 50,000円
基本料金10,000円
+ 従量料金200円 x 200
半稼働月月額 30,000円
基本料金10,000円
+ 従量料金200円 x 100
非稼働月月額 10,000円
基本料金10,000円
+ 従量料金200円 x 0
年間費用目安 480,000円
稼働月50,000円 x 8
+ 半稼働月30,000円 x 2
+ 非稼働月10,000円 x 2

導入にお悩みなら
ご安心ください。

初期設定サポート

初期設定サポート

直感的な画面設計に加えて、サポートスタッフによる適切な補助により、運用開始に向けた初期設定をしっかりサポートします。

ホットラインサポート

固定の貴学担当者がつくため、ご不明点等のお問い合わせはもちろん、機能強化に向けたご要望・ご相談も気軽かつスピーディーに行えます。

ホットラインサポート
3ヶ月のお試し期間

3ヶ月のお試し期間

しっかりと機能を吟味いただけるよう、お試し期間はたっぷり3ヶ月。学内での調整が必要だったり繁忙期で忙しかったりする場合にも安心してお試しいただけます。

ご利用開始までの流れ

1. お問い合わせ

1. お問い合わせ

お問い合わせよりご相談いただきますと、詳細をご説明差し上げます。ご不明な点やご不安な点を解消できるようお手伝いします。さらに詳しい検討には、導入打ち合わせのセッティングを行います。

2. 導入打ち合わせ

2. 導入打ち合わせ

対面またはリモートにて、貴学の現状の運用方法をお伺いしながら、システムへどのように移行していくべきかを議論します。稼働に向けてどういった準備が必要かもあわせて明確にします。

3. アカウント発行と初期設定

3. アカウント発行と初期設定

貴学専用のアカウントを発行し、ご準備いただいたデータを基に初期設定作業を行います。設定は基本的にシステム画面から行っていただきますが、データ量が多くなる場合はサポートも可能です。

4. お試し期間開始

4. お試し期間開始

稼働準備が整いましたら3ヶ月間のお試し期間の開始です。部課内だけでお試しいただくのはもちろん、試験的に実際の勤務登録を行っていただいても問題ございません。ご不明点やご要望は適宜お寄せください。

5. 本利用開始

5. 本利用開始

お試し期間中にご満足いただけた場合、本利用開始となります。このタイミングで請求が発生しますが、本利用に移行しない場合にはもちろん何も請求は発生しませんのでご安心ください。また、お試し期間中にご登録いただいたデータは完全に削除されますので、情報管理上のリスクもありません。


まずはお気軽に
お問い合わせください

「こういった場合に対応できそうか」「こういうことはできるのか」などなど、どのようなことでもお気軽にお問い合わせください。